産後ダイエットの注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)点は、一言でいうと「ムリをしない」ということですね。赤ちゃん(昔から、「子供は三歳までのかわいさで一生分の親孝行をする」なんていわれます。赤ちゃんのうちから、なるべくたくさんの写真や映像を残しておきたいものですね)のお世話は、本当に体力も精神力も使用するものです。早く元の体型に戻りたいからと、焦って無理なダイエット(最近では、痩せているより、ちょっとぽっちゃりの方が健康によく長生きできるという説もあります)をして、体を破壊したり、精神的にストレスがたまってしまいは大変です。とにかくのんびりと、体を元に戻していくように心掛けましょう。特に、母乳(粉ミルクだと栄養が不足するというわけではないので、どうしても母乳が不足するようなら粉ミルクを利用すると良いでしょう)育児を行っている間は、普段の倍以上のカロリーが必要です。ダイエットを目的として充分な栄養やエネルギーを取れないと、母乳(母子の絆を強くする意味でも母乳を与えるといいと言われています)が出なくなってしまったり、赤ちゃん(赤ちゃんが生まれるまでは子供好きじゃなかった方も、自分の子供が産まれてみると、赤ちゃんがかわいくて仕方がないということがよくあるみたいです)の健康に影響します。間畭なっても食事を抜いたり、過激なエネルギーコントロールをしたり、ましてやダイエット食品を食べたりサプリを飲んだりはしないでくださいね。食事は3食しっかりとって、バランスのいい和食を中心としたメニュー(栄養バランスに気をつけて考える必要があるでしょう)にするようにした方がいいです。鉄分(月経がある女性やスポーツをよくする人は、鉄分が不足して貧血になりやすいでしょう)やカルシウム、ビタミン、ミネラルを補えるような内容に行えね、産後ダイエットにもより効果が期待できますし、母乳(赤ちゃんにママが授乳することには、様々なメリットがあるとして推奨されています)の出も良くなりますので、一石二鳥だと言われているのです。ただし、生クリームやチョコレートなどと言った脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)分が多く甘いものを取り過ぎると、母乳(粉ミルクだと栄養が不足するというわけではないので、どうしても母乳が不足するようなら粉ミルクを利用すると良いでしょう)には良くないため、これらは控えるようにしましょう。もちろん、ダイエットのためにもこれは重要となってくるでしょう。規則正しく、バランスのとれた食事をとっているだけでも、産後ダイエットとしては十分です。特に母乳をあげているお母さんは、それだけでも普通に痩せてゆく事が多いはずです。ただ、無理をしない程度の軽めの運動は、早急に習慣づけておくと、さらに良いと思いますー